366

366日、彼らは笑う。 /6月10日 ローストビーフの日 雀×冬陽




冬「……雀。」


雀「ん?」


冬「これ、なに?」


雀「ローストビーフ。」


冬「知ってる。」


雀「ふはっ、じゃぁ聞くなよ。」


冬「だってさ、朝ご飯でまさか出てくるとは思わない、から。」


雀「昨日仕込んどいたんだ。良い肉を見かけたから。」


冬「雀。」


雀「ん?」


冬「あまり、引き離さないで。」


雀「は?」



彼と彼女の女子力は、すでにスタートダッシュから違いました。これ以上差を離さないで。鈍足の冬陽は懇願します。


0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10936
/ 693ページ
このページを編集する