366

366日、彼らは笑う。 /7月8日 ナイスバディーの日 真琴×隼人×ゆいか




真「どう?1か月、甘い物を断って手に入れた、このばでーは?」


隼「さすがっ、ナイスバディーっす真琴さん!」


真「どう?このラインとか。もうほんと、甘い物という甘い物を諦めた努力が滲み出てない?」


隼「最高っす真琴さん!」


真「そうでしょう、そうでしょう。」


ゆ「あ、真琴!」


真「あら、ゆいかじゃん。なにやってんの?」


ゆ「ふふふ。最近ハマってるお菓子があってね。真琴にあげようと思って来ちゃった!」


真「……。」


ゆ「どうしたの?」


真「うん。そんな可愛い上目遣いされたら食っちゃう。私食っちゃう。」



隼「真琴!気をしっかり持て!この1か月の努力が水の泡になるぞ!」


真「クッ、」


ゆ「どうしたの?食べないの?」



真「ククク……誘惑の圧が凄い!」


ゆ「私なんて食べすぎちゃって。奏に少しだけ太ったって言われちゃった。」


真「は?それで?変わらないように見えるんだけど。」


ゆ「この抱き心地も良いとか言うの。だから痩せようとも思えなくて。困っちゃうね。」


真「……決めた。」


ゆ「ん?」


真「私、太っても私が好きって人を見つける!」


ゆ「へ?」


隼「真琴ぉ!それはだめだー!」




あれ、結局なんだっけ?ナイスバディーの日。



0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10930
/ 693ページ
このページを編集する