366

366日、彼らは笑う。 /7月10日 クリエイトの日 隼人×弘人





隼「奉仕!積極進取!そして創意!経営を志す者が心底に秘めているはずのその言葉を理念に俺は進む!目指すは立派な右腕!そして将来役に立つ人材を育てることも忘れはしない!今は小さなひな鳥だとしても、こいつらは将来、俺を支える立派な人材になるはず!」



弘「なにしてんの?」


隼「……ほっとけポンコツ。アイス食ってる暇あったら仕事しろ。」


弘「鏡を前に何言ってんのキモいよ?って教えてやってる俺にその言葉はないと思いますー。」


隼「俺はだな、お前とは違って忙しいの!意外と使えない奴ばっかで教えんの大変なんだよ!」


弘「へー。まぁ、俺にはどうでもいいけど。子猫ちゃんとアイス食べてこよ。」


隼「……なんでこんな奴が一番優秀なんだ。努力しても追いつけねえあいつらが可哀そうだ。」


弘「才能っしょー。」




優秀な人間は、簡単には育ちません。




0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10936
/ 693ページ
このページを編集する