366

366日、彼らは笑う。 /7月30日 梅干しの日 冬夜×麻衣子





麻「なに食べてるの?」


冬「見たら分かるでしょ。梅干し。」


麻「は?」


冬「な、なんだよ?」


麻「梅干し?は?なんで?」


冬「なんでってそりゃ。……別にいいだろ。麻衣子のくせして意味不明。」


麻「私のくせしてとかは関係なくない?なんでそんな不愉快なものを食べてるのかって言ってんの。」


冬「……いや、これは、好きで、」


麻「好き?梅干しが?」


冬「まぁ、はい。」


麻「……禁止。」


冬「は?」


麻「今日はキス禁止。梅干しの味がするから。」



冬「は?そんなのお前に決める権利は、」


麻「……しないから。分かった?」



冬「はいすみませんでした。」




豹変麻衣子。だけど梅干し、美味しいよ?


0
  • しおりをはさむ
  • 5985
  • 10937
/ 693ページ
このページを編集する