366

366日、彼らは笑う。 /8月5日 ハンコの日 夏流×朔真





夏「ねぇ、世の中の人たちは、ハンコの恐ろしさに気付いてないと思わない?」



朔「……相変わらず唐突すぎんな。」


夏「だってそうでしょう?契約関係は全て、ハンコが必要なの。結婚、銀行口座、その他もろもろ。郵便物の受け取りだって、ハンコがいるわ。」


朔「それのどこが恐ろしいって?」


夏「あら。私なら、朔真のハンコを手に入れたら出逢ってすぐ婚姻届けに判を押したっておかしくないわ。そうでしょう?」


朔「……確かに、こええな。」



本人も自覚済み。ハンコの大切さを、学べ。



0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10936
/ 693ページ
このページを編集する