366

366日、彼らは笑う。 /8月11日 山の日 頼×文人



頼「文人さんっ。山、山に行きましょう!」


文「は?山?」


頼「そうです。この都会の淀んだ空気で生活している私たちは、時折山の新鮮な空気を吸い、日常の汚れを浄化するべきなんです!」



文「……なんかどっかのやばい詐欺師みたいなこと言ってんな。」


頼「え、もしかして、行きたくないですか?」


文「俺じゃなくお前だろ?」


頼「へ?」


文「お前が総帥の座について日ごろからストレス抱えてんのは知ってる。だからお前が行きたいっつうんならいいんじゃないの?」


頼「……文人さん。」


文「ん?」


頼「今、全ての悩みやストレスが吹っ飛びました。」



文「……。」


山の空気より、文人のお言葉。だけど行こうね、山へ休養へ。



0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10936
/ 693ページ
このページを編集する