366

366日、彼らは笑う。 /8月20日 誕生記念筆の日 夏流×蓮




夏「お父さん、ちょっとボールペン貸してくれない?」


蓮「ああ。そこの引き出し。」


夏「ん。……あれ、筆?」



蓮「ん?あー、懐かしいな。」


夏「これって……。」


蓮「ああ。誕生筆。これが秋、春、夏流、冬夜、んで密人。これが紗那で、これが……。」


夏「何本あるの、これ。」


蓮「組員の子供みんなだな。」


夏「ふふ。これじゃ筆屋さん開けるね。」


蓮「はは。まったくだな。」


組の子供は、みんなの子供。子供のいない彼だからこそ、とても大事に想います。


0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10936
/ 693ページ
このページを編集する