366

366日、彼らは笑う。 /8月29日 オーガビッツの日 ゆいか×真琴





真「私さー、あいつがあんなんだから、結構洋服着てる男子に憧れてんだよね。」


ゆ「西園寺さん?」


真「なんかさ、いっつも和服じゃん?あれ。馬鹿の一つ覚えみたいにさー。洋服の素敵さを分かってないよねー。」


ゆ「西園寺さんでしょう?」


真「別にいいんだよ?だけど新鮮味に欠けるっていうかー。」


ゆ「……。」


真「知ってた?着物って最近さ、オーガニックコットンで作ったやつとかあんの。手触り最高。」



ゆ「触ってるんだ?」



真「でもやっぱ洋服だよね。ゆいかは新城さんにはどんな服を」


ゆ「コットンワイシャツ。」


真「へ?」


ゆ「奏は手触りのいいシンプルなコットンワイシャツがいいの。すっごく、いい。」



真「なんだか卑猥。」



ゆ「でもさ、真琴。」


真「ん?」


ゆ「西園寺さんの"手触り"知ってて、こだわりもあるなら、真琴も私と一緒だよね?」



真「……。」




"触ってる"のね、普段から。





0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10931
/ 693ページ
このページを編集する