366

366日、彼らは笑う。 /1月14日 愛と希望と勇気の日 夏流×朔真



夏「朔真。」

朔「ん?」


夏「生きていてくれて、ありがとう。」

朔「……なんだ、突然。」


夏「今日は生きていることと、愛すること、希望を持つことを感謝する日なの。だから。」

朔「……、」


夏「朔真がいたから、私はここまで生きてこれたの。ありがとう。」

朔「……夏流。」


夏「というわけで、これ、着てみない?」


朔「お前マジでいつかバチが当たるぞ。」



さて、夏流様が朔真に着せたかったものはなんでしょう?


0
  • しおりをはさむ
  • 5985
  • 10937
/ 693ページ
このページを編集する