366

366日、彼らは笑う。 /9月8日 休養の日 頼×文人




文「頼。」


頼「っっ、はい!なんでしょうか?」



文「ちょっとこっちこい。」


頼「ど、どうしたんですか?」


文「……はぁ、疲れた。」


頼「文人さん!」


文「ちょっと黙れよ。このまま。」


頼「……はい。」


文「……頼。」


頼「へ?」


文「疲れた、な。」


頼「……はい。」



そんなところは素直じゃない忙しい彼女を素直にさせるには、自分がまず素直になりましょう。
2人で休めば怖くない。



0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10936
/ 693ページ
このページを編集する