366

366日、彼らは笑う。 /9月9日 食べ物を大切にする日 奏×ゆいか×隼人




隼「これは?」


ゆ「美味しいよ。」


隼「これは?」


ゆ「うん、もちろん。」


隼「これは。」



ゆ「……なに?どうしたの?隼人。」


隼「ゆいかちゃんの嫌いな食べ物をリサーチしてんの。」


ゆ「どうして?」


隼「ん?作戦はこうだ。まずそのことを親切にも弘人に教えてやる俺。優しいだろ?そこへあの変態が意気揚々と嫌いな食べ物を持ってゆいかちゃんに取り入ろうとやってくるわけだ。んで、ゆいかちゃんはもちろん嫌いなわけだからその場に投げ捨てるわけ。んで弘人のアホも嫌われて終わり。どう?」


奏「しょうもねえ。」


ゆ「……それってさ、」


隼「ん?」


ゆ「食べ物を粗末にしたからって、隼人が嫌われる可能性はないの?」


隼「…………え"。」


ゆ「ん?ないの?」


奏「こえー。」



食べ物を粗末にしちゃだめだよ。




0
  • しおりをはさむ
  • 5985
  • 10938
/ 693ページ
このページを編集する