366

366日、彼らは笑う。 /9月14日 メンズバレンタインデーの日 奏×弘人×隼人





弘「なにしてんのぶた。」


隼「話しかけんなブス。」


弘「だから、その大量の花はなんだって聞いてるだけだろ?それすら教えたくないなんて心の狭いぶただなー。」


隼「あ?もっぺん言ってみろ。」


弘「もういっぺん?うわ、めんどくさー。」


隼「なんだと!?」


奏「うぜぇ。」


弘「ほら、奏くんも早く言えつってるよー?」


奏「どういう解釈してんだ。」


隼「チッ、ならしょうがないな。メンズバレンタインデーだよ!」


奏「別に聞いてねえ。キモ。」


弘「メンズ、なに?」



隼「おい年か?めんず、ばれんたいんでー!分かった?おじいちゃん。」



弘「……鬱陶しい!」


奏「それはなんだ。」


隼「簡単に言えば男性から愛を伝える日かな。」


奏「は?なんで。」


隼「そりゃ、女性ってのは言葉が欲しい生き物なのよ。」


奏「そうじゃねぇ。普段から言ってるのになんで決まった日に伝えなくちゃいけねえんだ?」


弘「そうそう。普段から言ってるから別にいらないよねぇ?」


奏「……ああ。」


隼「そりゃそうだけどさ、誰もが奏たちみたいに好き好き言ってるわけじゃないのよ。だから、この日くらいは勇気出してって……ン?弘人も言ってるわけ?普段から。」



弘「………は?」



隼「なんか普段から言ってる感出してたから。ね、奏。」


奏「ああ。」


弘「そっ、そんなわけないでしょ!」




うっかり、うっかり。




0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10931
/ 693ページ
このページを編集する