366

366日、彼らは笑う。 /10月2日 「跳び」の日 郁×いろは×伊吹




い「郁ー!」


郁「いろは!体育?」


い「うん。今日は準備運動で縄跳びするんだって。」


伊「いろはちゃん相変わらず可愛いねー。縄跳び似合ってるよ!」


い「ふふ、全然嬉しくない!ありがと。」


伊「はっきり言うねー。どれどれ、先輩に貸してみそ。」


い「え、あ。」


伊「ホレホレホレー!二十跳び三十跳びー!」



郁「いろは、昼久しぶりの学食だろ?何食べる?」


い「ん?私凄く迷ってるんだよね、ラーメンかA定食か。」


伊「ホレホレホレー!」


郁「両方頼もう。僕と分け合えばいいよ。」


い「うん。ありがと。」


郁「ん。」


伊「はぁ、はぁ、はっ、い、いろはちゃん、どうだった?」


い「うん、凄かったよ。それ返して。じゃあね郁!」


郁「ん。」


伊「俺のかっこよさに見ろよあの爽やかな笑顔。可愛いなーいろはちゃん。」



郁「……。」



息吹くん!見てなかったよ!


0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10936
/ 693ページ
このページを編集する