366

366日、彼らは笑う。 /10月4日 投資の日 冬夜×麻衣子



麻「なにやってるの?」


冬「株式投資。」


麻「へー。」


冬「聞かないわけ?」


麻「うん。どうせ分かんないし。」


冬「そういうのよくないよね。だから馬鹿なんだよ。」


麻「む。じゃあ教えてよ。」


冬「どうせ分かんないだろ。」


麻「……そういうこと言ってたら、ぼ、暴落するんだから。」


冬「ふ、俺が選んだ株だぞ。そんなことになるわ、け。」


麻「どうしたの?」


冬「……やべえ。」



麻「ん?儲かったの?」


冬「その逆……って。今度は上がった?」


麻「ん?」


冬「まさか、な。」



彼女が呼ぶのは、幸運か不運か。



0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10936
/ 693ページ
このページを編集する