366

366日、彼らは笑う。 /10月4日 徒歩の日 隼人×弓



弓「あれ?隼人さん?」


隼「あ、弓ちゃん。久しぶりだねー。」


弓「なんでこんなとこ、一人で歩いてるんですか?」


隼「ん?奏にね、置いて行かれたんだー。」


弓「は?」


隼「困っちゃうよねー。どっか行くたびに悪戯で俺だけ置いていくんだよ。この間なんか田んぼだらけのところに置いてかれてさー。ヒッチハイクしちゃったよ。」


弓「はぁ。」


隼「もう慣れちゃってさー。置いてかれたら、健康のために歩くことにしてるんだー。ほんと、悪戯っ子だよね、うちの組長。」


弓「それ、悪戯レベルか?」



可愛い悪戯。困っちゃうね。



0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10935
/ 693ページ
このページを編集する