366

366日、彼らは笑う。 /10月10日 おもちの日 奏×ゆいか×隼人




ゆ「わ、すごい。」


隼「どうゆいかちゃん、本格的な餅つきの感想は?」



ゆ「すごい。ほんとに。初めて見た。迫力あるね!」


隼「うん、ゆいかちゃんの珍しい無邪気な笑顔の方が破壊力抜群。」


ゆ「ん?」


隼「別にー。」


奏「毎年やりやがってうぜえと思ってたが、餅つきもたまには役に立つじゃねえか。」



ゆ「お餅、食べれるの?」


奏「当たり前だ。あんこに黄な粉、しょうゆに大根おろし。なんでも揃ってんぞ。」


ゆ「うわわわ。」


隼「ゆいかちゃん、もはやテンション上がりすぎておかしくなっちゃってんね。」


奏「可愛いからいいんだよ。」




迫力ある餅つき。ゆいかの笑顔が目に浮かぶ。


0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10932
/ 693ページ
このページを編集する