366

366日、彼らは笑う。 /10月30日 リラクゼーションの日 ゆいか×真琴




真「癒されてえ。」


ゆ「なに、真琴。人生に疲れたおじさんみたいなこと言って。」


真「なかなか幅を狭めた例えありがとう。いやー、最近ちょっとストーカーのせいで心労が?みたいな?」


ゆ「隼人?」


真「あれは昔から。」



ゆ「西園寺さ」


真「ああー!みなまで言うな。」



ゆ「別に嫌じゃないくせに。」



真「んなわけ、ないし。」



ゆ「でもいつか真琴も思うよ。西園寺さんそのものに癒されるなーって思う日が。」



真「うん、一生来ねえわ。」



ゆ「私にはそれが奏だから。」



真「新城さんに癒されるとか言ってる強者はゆいかだけだし。しかもあいつは私の癒しにはならないし!」



ゆ「もう、頑固なんだから。」


真「ふん。」



とか言って、10年後は、分かりません。



0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10932
/ 693ページ
このページを編集する