366

366日、彼らは笑う。 /10月31日 天才の日 弘人×隼人×奏×ゆいか




弘「俺ってさぁ、天才じゃん?」


隼「はいキモい。」


弘「いや、そう思うだろ?この溢れる才能よ、マジ。」


隼「滅びろ。今すぐ滅びろ。」


弘「はぁ、凡人には分かんねえよ。天才はなに言っても大げさに取られがちなのさ。」


ゆ「でも、自分を天才って言う人にろくなやつはいないってこの間お母さんが言ってたよ?」


弘「……。」


隼「ハハッ、ばーか!」


奏「ククッ、」




天才も、ゆいかの発言には抗えない。


0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10933
/ 693ページ
このページを編集する