366

366日、彼らは笑う。 /11月2日 習字の日 秋×弓×夏流×朔真×鉄×冬夜





冬「なにやってんの?」


弓「鉄さんから習字を習ってんの。」


冬「コスプレ。」



弓「じゃないし。本格的な書道家ファッションだし。」


冬「秋兄は、なにしてんの。」


秋「弓の見学。」


冬「で、夏姉はなんで朔真の膝枕で寝てんの?」


夏「私?私は鉄の見学。」


朔「チッ。」


冬「受講生1人。先生1人。見学者3人?」


朔「俺は夏流の付き添いだ。」


冬「複雑すぎんだけど。」



鉄「若姐さん。違いやす。こうです。」


弓「はい!がんばります!」



秋「チッ、触んなよ。」


冬「これって見学じゃなくて監視じゃない?」




先生1人、受講生1人、監視1人、見学1人、見学の付き添い1人、通りがかり1人。

習字のお授業。殺気立っています。




0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10930
/ 693ページ
このページを編集する