366

366日、彼らは笑う。 /2月2日 おじいさんの日 祐司×孫ズ



祐「きたぞー!」


春「いらっしゃい、じじい。」


秋・夏「「……。」」


冬「じじいー。」



祐「今日はお前らを俺が任されたわけだ。美里をなんとかまいてきたから、俺の独占だ!じじに甘えろ。なんでもしてやる!」

春「帰るって提案はどうかな?」

秋「クー……」

夏「ふぅ……怠い。」

冬「かえるー。」




祐「おっ、春は相変わらず厳しいなぁ。これでどうだっ、じじの抱擁だぞー。」

春「……言葉もでないよ。」

冬「でないー。」



祐「そうだろう、そうだろう。嬉しくてだな?」


春「そう思えれば、どんなに幸せだろうね。」

冬「ねー?」



祐「……。」

春「放してくんない?」

祐「はい。すいません。」

冬「ませんー。」




祐「っっ、あ、秋はまた寝てるのか?」

夏「寝てない時があるの?見たことはある?」

祐「ないです。すいません。」




夏「どうしたの、おじい様。大丈夫?」

祐「あ、大丈夫です。……いや、お前は口調は優しいんだけどなぁ。春以上になぜかクる。」

夏「え?」

祐「いや、なんでも、ありません。」

冬「ませんー。」




祐「……おっ、冬は相変わらず可愛いなぁ。」

冬「うん!当たり前~。」

祐「っっ、そ、そうか、当たり前かー。」

冬「うん!じじいー。」

祐「……会話にならん。」

冬「ならんー。」




祐「……クセが、凄いなぁ、うちの孫は。」


春「だから、いいんでしょ?」

秋「クー……、」

夏「そこが好きなくせに。」

冬「せにー。」

祐「たしかに。お前らが可愛くてしょうがないよ。」



うちの孫は、日本一。





0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10933
/ 693ページ
このページを編集する