366

366日、彼らは笑う。 /2月2日 街コンの日 伊吹×柊羽




伊「他にいい女がいるはず。そう思うんだよな俺。」

柊「分かるぜ。一応、俺にとってお前は敵に当たるんだろうが、分かりすぎるほど分かるわ。」


伊「だろ?だから俺、街コンに参加してみて、他の女の良さに気付こうと思って!お前もな。」


柊「あ?俺を巻き込むなよクズ。」


伊「口が悪い!球界のスーパースター伊吹様になんてこと言うの。これだからやくざは。」


柊「うるせぇ。やくざだからいいんだろうが。」


伊「そういえば、そうか。お前頭いいな。」

柊「お前が馬鹿なだけだろ!」


伊「まぁまぁ、行こうぜ。この扉をくぐればそこは甘い甘い世界が広がってるって!」


柊「いつの間に連れてきたんだよ……、」


伊「はい、オープン!」



「「「「きゃぁぁぁー、伊吹く~ん!」」」」


「「「柊羽様愛してるぅ~。」」」


伊「……。」

柊「閉めるのかよ。」


伊「なんか……うるせえし、臭いし、ミーハーばっかだったな。俺への声援の方が多かったけど。」


柊「変なとこでドヤんな。」


伊「……もっと、いい匂いだよな。」

柊「具合だけはいいかんな。」


伊「もっと可愛く笑うし。」

柊「まぁ、そこは褒めてもいい。」


伊「声ももっとセクシーだし。」

柊「ベッドでは、確かに。」


伊「はぁ、」

柊「チッ、」



結局、思い浮かぶのは彼女だけ。


0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10932
/ 693ページ
このページを編集する