366

366日、彼らは笑う。 /11月10日 いい友の日 弓×夏流×華×通行人




華「キャッ!」



通「いた!てめぇ、気をつけろよデブ!」



華「ご、ごめんなさい。」



通「ごめんじゃねえだろ!デブ菌がうつんだよ!」



弓「あ?なにアンタ。」


通「は?あれ、連れのお姉さん2人はめっちゃ美人じゃん!どう?このあと遊ばない?もちろんデブ抜きで。」



弓「私としてはお前抜きが望ましいー。」


通「は?」



夏「ほんと腹立たしいわ。こんな人種がまだ存在してたなんて。父さんに言ってお掃除しなくちゃ。」


弓「こらこら、お父さんを動かさない!」



夏「あら、父さんはつね日ごろ言ってるわよ?ゆいかをナンパする可能性のある男は狩りつくすって。一人くらい違うのが混じっても分かりはしないわ。」



弓「こわっ。」



通「お前らさっきから何言ってんだよ。」



弓「はー、怒ったらお腹すいた。華ちゃんごはんにしよ。」



華「え!いいんですか?ちょうどお腹すいてたんです。」



夏「ふふ、中華はどう?いい店知ってるわ。」



華「ぜひぜひ!」



弓「よし!いこいこ!」



通「ちょ、おい!……聞こえてねえし。」




友を守るその心は素晴らしい。だけど会話が長続きしない。それが女子。




0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10936
/ 693ページ
このページを編集する