366

366日、彼らは笑う。 /11月11日 スーツセレクトの日 ゆいか×隼人×店員





ゆ「これと、これと、これを。」



店「かしこまりました。」



ゆ「あ、すみません、これもお願いします。」



店「承知いたしました。」


隼「ゆいか、これどうすんの。」



ゆ「ん?奏に試着してもらうのよ。」



隼「いや無理っしょー。オーダーする時の採寸もイライラしてるのに。ましてや既製品を着まくるなんてめんどくさいことやんないって。」



ゆ「でもね、私思うの。」



隼「ん?」



ゆ「奏って、オーダーじゃなくても似合うじゃない?って。」



隼「は?」



ゆ「大丈夫。着てもらうから。」



隼「……ゆいか。」



ゆ「ん?」



隼「なに今、スーツマイブーム?」



ゆ「ううん。常にブーム。」



隼「……。」




壮年期でも、彼女たちは相変わらずです。



0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10936
/ 693ページ
このページを編集する