366

366日、彼らは笑う。 /2月5日 ふたごの日 ゆいか×まりか




ま「ゆいか、待ってぇ。あっ、」

ゆ「っっ、大丈夫?」


ま「うん。だってゆいかが先に行っちゃうんだもん。待ってって言ったじゃん!」


ゆ「ごめんごめん。でもまりか、さっきまで一緒に歩いてたでしょ?もしかして、何かぼーっと見てたでしょ!」


ま「あ、バレた!なんかねぇ、美味しそうなケーキ屋さんがあったんだよー?食べたいなぁって思って。」


ゆ「ふーん。じゃぁ、今度、お母さんに頼んで買ってもらおうよ。」


ま「そうだねぇ。そしたらさ、ゆいか。」


ゆ「ん?」


ま「別々のケーキ、半分こして食べない?」


ゆ「ふふっ、そうだね。そうしよう。実は私もそう思ってたの。」


ま「やっぱりね!」




双子の絆は、過ぎ去りし思い出に潜む。


0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10933
/ 693ページ
このページを編集する