366

366日、彼らは笑う。 /12月1日 手帳の日 弓×冬夜






冬「弓、壮士のさぁ、手帳って、あるじゃん?」



弓「ああ、あの閻魔帳チックな奴ね。あるある。」



冬「読んでみたくね?」



弓「そりゃ読んでみたいですよ。あの鬼畜野郎が何書いてんのかとか、おっかなびっくり的な意味で。でもさ、冬夜。」




冬「なんだよ?」



弓「……するの?チャレンジ。」



冬「するわけねえじゃん。命惜しいわ。」



弓「だよねー。」




そりゃ無理だよねー。



0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10936
/ 693ページ
このページを編集する