366

366日、彼らは笑う。 /2月10日 フットケアの日 奏×ゆいか




奏「ゆいか、最近疲れてんな。」


ゆ「んっ、そう?今日は確かに、立ちっぱなしだったけど…そこまでじゃないと思うよ?」

奏「いや、無意識に無理してんな。少し張ってる。」


ゆ「っっ、私は分からないのに。奏には違いが分かるんだね。」


奏「そりゃそうだろ。毎日お前の足を見てるし揉んでるからな。」


ゆ「ふふっ、素敵な旦那様って褒めたいけど、少し手つきに下心を出しすぎかも?」


奏「下心のねえ男なんていねえよ。つかこれは下心だ。」


ゆ「正直。でも、助かる。ヒールとか履くとすっごく疲れるし。」


奏「女はめんどくせえんだな。ここ、ヒールのせいだろ?」


ゆ「んっ、そうっ、かも、ね。っっ、くすぐったいよ。」


奏「……さっきから、色気ある声出すなよ。続けらんなくなるだろ。」


ゆ「ふふっ、下心しかないなら、それでいいんじゃないの?」


奏「……誘ってんのか?」


ゆ「うーん、もう少し揉んでもらいたいから、そうじゃないって言っとく。」


奏「ククッ、お前は、ほんと。」


ゆ「奏?」


奏「あ?」


ゆ「いつも、ありがと。」


奏「いや、俺こそ。愛してる。」


ゆ「ん。」




奏に特別なフットケアの日はないようです。



0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10932
/ 693ページ
このページを編集する