366

366日、彼らは笑う。 /2月10日 ふんどしの日 頼×文人




頼「真剣に、相談したいことがあります。」


文「なに、いつも以上に改まって。」


頼「あのっ、は、ああ、あ、あの、」


文「……訂正。いつもと一緒だわ。」



頼「あああ、あの、あの、これ。」

文「……なにこれ。」


頼「ふふふふふ、」


文「なに笑ってんの。」


頼「違うんですっ、これ、ふんどしっ、です。」


文「は?」


頼「うちの会社で、今夏、男のふんどしを押すことに、なりまして。」


文「へー。そんなの流行ってるんだ?」


頼「ええ、そこでですね。会社でマーケティング調査を行い、ふんどしのイメージを変えるため、ブランディングも行いました。後は発売するだけ、なんです。」


文「うん。で?」


頼「あのー、実は、ですね。」


文「……まさかとは思うけど、さっきから俺にグイグイ押してきてるそれを、」


頼「はいっ、着けて欲しいんですが!」


文「嫌。」

頼「えええー!?こ、これは文人さんをイメージして作ったものなんですよ?」


文「だからなに。嫌なもんは嫌。」


頼「で、でもっ、目に焼き付けて会議でにやけたいんですぅ。」



文「……お前、マジでやばいよな。」


頼「え?どこがですか?」


文「……。」



結局、そのやばい奴に折れて付き合ってやるのは誰でしょう?




0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10935
/ 693ページ
このページを編集する