366

366日、彼らは笑う。 /2月14日 イケメンの日 郁×伊吹



伊「今日は何の日か知ってるか?」


郁「バレンタインデーだろ?いろはのチョコをより美味しく食べるために朝食を抜いてきたんだ。」


伊「違う。今日はイケメンの日だ!」


郁「更に、いろはが毎回喜ぶから、僕もチョコレートを作ってきたよ。これを口いっぱいに頬張るいろはの口を毎年舐めたいと思ってたんだけど、それを今年は実行できるんだ。」


伊「だから、変態の日じゃなくてイケメンの日!」


郁「あー、想像しただけで興奮してきたよ。もはやチョコは付属物だよね。だけど、バレンタインデーというこの日を制定したお菓子業界には感謝してもしきれないよね。」


伊「だから!イケメンの日!すなわち俺の日だろ!?」


郁「ところで、今年も伊吹はチョコ貰わないわけ?」


伊「あ?ああ。いつも行列できちまうし、靴箱は壊れるし、机は教科書入らないしで大変だかんな。普通は部員しか入れない部室のロッカーで発見した時はすげー怖かったし。もうチョコは要らねえ。」


郁「ふーん。で、いろはがさ、」

伊「だから。聞いてる?そんなことより今日はイケメンの日なんだって!」



今日は”イケメンの日”。残念キャラの伊吹ですが、間違いなく彼も、イケメンの一人。すなわち今日は、伊吹の日。



0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10936
/ 693ページ
このページを編集する