366

あとがき





366日間、すべてに記念日が存在すると知った時、連載してみようとまっさきに思いました。



もちろん、企業名や商品名が入った記念日も存在して、それを使うのは無理がありましたし、キャラクターを動かす上でちょっと無理のある記念日もあり、すべてを使うわけにはいきませんでした。




私が取り上げた以上に、まだまだ日本には記念日が存在していて、それだけ私たちには身近な存在なのだということが分かります。



日本人は語呂合わせや記念日が大好きなようです。



もちろんすべてはこの366の中だけの話で、少々事実も織り交ぜていますが、溺愛を含め、私の生み出したキャラクターたちがこの話の中で動いたことはすべてフィクションとして扱っていただきたいです。



それを踏まえた上で、こういう展開も面白いと読んでいただけるなら幸いでございます。




さて、これを仕上げたらいよいよ続編へ突入。時期もちょうどいいので、4月1日より新連載をスタートさせたいと思います。



皆様、お暇な時に、好きな記念日やキャラクターでこの話を読んでみるのもよし、ちょっとした休憩にご活用くだされば嬉しいです。




ではまた次の作品でお会いしましょう。




映画館

366

更新開始
2016/12/24
更新終了日
2019/03/24
映画館
  • しおりをはさむ
  • 表紙へ戻る
    作品タグ:

    作品タグ編集(最大10件)

    • 5984
    • 10932
    このページを編集する