小説家の愛し方【完】

映画館 恋愛
448ページ(完結) 200515字 更新日 2018/01/22 読者 96894人 公開 0 0

心が壊れた時、それを治す術はあるのだろうか?






悲しみに膝を折った時、それを癒す術はあるのだろうか?






大きな愛に包まれたい時、都合よくそれは落ちているものなのだろうか?





私が出会った小説家は、全ての疑問に答えをくれた。





【小説家の愛し方】






こちらのお話は、違法行為や性的表現など、過激なシーンが多々含まれます。苦手な方は戻るを押してください。

作品内に出てくる団体・名称は、実在のものとは一切関係ございません。

他の読者様のご気分を害してしまいますので、過激な発言や批判は、公の場ではご遠慮ください。
何かご意見などございましたら、悪口以外は映画館まで直接、お手紙でお願いいたします。

批評やご意見など大歓迎です。



  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 1768
  • 9733
このページを編集する