志木キョーダイ

冬騎と美紅

〜冬樹side〜



「ほんと!ごめん!すぐ終わらせてくるから!!」


そう言い残し愛姫は走って行ってしまった






「ちょっと楽しみにしてたのに。なんだよ...」


「あら、そんな風には見えなかったけど?」





おい...ちゃっかり人の独り言を聞くなよ



「勝手に聞くな」


「じゃあ口に出すな」



俺、コイツ苦手...




「別にいいだろ」


「冬騎、アンタもう少し素直になりな?姫は鈍いから気づかないよ」


「何が」


「私が言いたい事わかってるくせに」


0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 28ページ
このページを編集する