菓子部◎おまけ追加

その2 /部長フィーバー



***





「私も菓子部に入れば良かったわ…」



眉を下げて、全くもって同意し難いことを言うのはクラスメイトの田中さんだ。

彼女は入学式の日に蒼汰くんに一目惚れしたらしく、彼が菓子部に転部して以来ずっとこの調子。


蒼汰くん目当てでサッカー部のマネージャーになっただけあって、彼の退部が相当ショックだったらしい。



「菓子部って良いわよね、紫ノ原先輩もいるんだもの」



田中さんに同調してみせるのは、これまたクラスメイトの山形さん。彼女は凛先輩のファンらしい。



「ていうか、レベル高いわよね。黄瀬先輩もだし…モテる人ばっかり」



再び口を開いた田中さんの言葉に、今度は私も同意だ。

あんなにふざけた部だというのに、なぜか集まるのは校内の人気者ばかり。


葵先輩は男子の注目の的だし、凛先輩と蒼汰くんに至ってはファンクラブまである始末。



「まあでも、私と部長はモテないけどね」


0
  • しおりをはさむ
  • 448
  • 557
/ 472ページ
このページを編集する