BUMPインタビュー&ライブ

ROCKIN’ON JAPAN ’00 11月号 /9

藤原「俺はその頃はもう学校辞めてたから結構生き甲斐になってたな」
直井「俺と藤君は『バンドをやろう』じゃなくって『プロになる』…プロって言い方はしてなかったけど『これだけで絶対食ってこう』ってことを言ってて、他の2人は高校生だからそんな身勝手なことにつき合わすことはできないとかいろいろ話してて、だからその2人に合わせて俺らができる限り頑張ろうって。俺もインターンで学校行かないで仕事場で働きながらバンドやってたから」
藤原「あの頃超パンクバカだったからな、俺」
直井「で、藤君も全く同じこと思ってて、『じゃあ、ぜってぇプロになろうぜ!これだけでメシ食ってって、普通に会社とか行かないようにしようぜ』って話したんだよね」
藤原「まともに暮らしていくにはこれしかないんじゃないかって」

0
  • しおりをはさむ
  • 2
  • 0
/ 95ページ
このページを編集する