若頭は甘えたい

episode.2 /アマネside

【アマネside】





見合い相手が俺の花を奪いに来た。



玄関に出てみれば全身黒づくめの、見る限り怪しいヤツ。



和子さんが花よりも6歳も年上だと言っていた……じじいじゃん?


慌てて俺を追ってきた花はおじさんの肩持つし。ずげーむかつく。


リビングに連れてきて問ただせば『いい人』だという。



いい人だから花は幸せなの?いい人なら花は好きなの?



「おいで?」


そんなことやったって、花が行くわけないだろ。今までどんな男でも靡かなかったんだし………と思っていたのに。



あっさり腕に収まりやがって……。



「天音、私……」



…………あぁ、そうか。花はこいつの事が好きなんだ。



何かを決心した、覚悟をした花の顔を見たら何かがストンと、心に落ちてきた。




花は歳に見合わない過酷な過去を過ごして来たから…人を好きになるのを億劫になっていた。


だから、おじさんを好きと自覚するのをためらっていたんだ。



なんだよ……花も、俺を捨てるのか。一人にするのかと、そう思った。

  • しおりをはさむ
  • 205
  • 97
/ 66ページ
このページを編集する