【重要】リニューアルのお知らせ

BOOK機能の仕様変更に関して必ずご確認ください!
詳しくはこちら


時ノ糸 ~絆~ 【1】

時ノ糸 ~絆~ 【1】

悠翔
歴史・時代 524ページ(完結) 320541字 更新日 2020/01/07 読者 13212人 公開 0 0




ーー『俺はお前に見合う男になって必ず帰ってくる。それまで…待っててくれ』



身分と言う壁に阻まれながら、自らその壁を越えようと抗う。
たとえ一緒にいられる”時間”を犠牲にしたとしても



ーー『いつまでも側で。従者として…貴方を見守って行く事を約束します。』


ただ側にいられる事を願う。
たとえそれが、”気持ち”を犠牲にする事になるとしても





ある貴族の姫に恋をした二人の義兄弟。


姫を思う気持ちは同じ。

ただ、愛し方が違うだけ。


ただ…それだけだったのに…




「どうして…どうしておぬしらが争わねばならぬのだ?」




当たり前に一緒にいた三人は、運命の悪戯に翻弄されながら


いつしか大きな戦に巻き込まれていく。



互いの信じる道を進んだ先に待ち受るのは…







『時ノ糸~絆~』






  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 8
  • 5
このページを編集する