束縛婚

1 /4

(え? なぜ初めて会ったこの人が、わたしにキスするの?)

 驚いてぼんやりしてしまっていたが、慌てて思いっきり男性の胸を突き飛ばす。

「わたしはウィルフレッド様の婚約者です。人を呼びますよ」

 にらみつけると、男性は目を細めて笑う。

「人を呼んだら、困るのはお前も同じはずだが? 大好きな婚約者に、他の男とキスをしたなんて知られたくないだろ」
「……!」

 確かにその通りで、ベルティーユは黙り込んでしまった。

「ああ。もうすぐうるさいやつが、戻って来るだろうな」

 男性はベンチから立ち上がった。

「オレはオースティン・スウィフト辺境伯。少しは勉強しておけ。次に会うまでにな」

 一方的にそれだけ言いおいて、男性――オースティンはさっさと暗闇に消えてしまった。

「え? あ、あの……」

 辺境伯とは国境を守る重要な地位である。ベルティーユですらそれくらいは知っている。年若いオースティンがそのような立場にあることに驚いたが、父親を早くに亡くすなどして継ぐことになったのだろう。

「一体……何だったのかしら……」
(次に会うときにって……?)

 暗闇に姿を消したオースティンを見送っていたベルティーユは、我に返ってハンカチで唇をごしごしと痛いくらいに拭く。

「初めてじゃなくてよかった……」

 悔しくて、ベルティーユの瞳に涙が浮かぶ。瞬きしたら、こぼれてしまうだろう。
 まだ結婚していないので、体こそ結ばれてはいないが、キスはウィルフレッドと何度か交わしていてよかった。初めては、絶対にウィルフレッドがいいから。

(犬か猫に舐められたと思えばいいんだわ! 忘れよう)

 ウィルフレッドが心配しないよう、瞳に浮かんでいた涙をハンカチでぬぐう。

「お待たせ、ベル」

 声のしたほうを見ると、両手にグラスを持ったウィルフレッドがベンチに座ってきた。

「すまない。国王陛下につかまってしまったものだから……。ベル?」

 ウィルフレッドの姿を見た途端、安心してベルティーユは思わず彼に抱き着いてしまった。

「申し訳ございません。少し疲れてしまって……。しばらくこのままでいさせてください」
「甘えてくれる君は可愛いけれど、私の両手がふさがっているときにこんなことをするなんて、ひどいね?」

 苦笑しながらもウィルフレッドは、ベルティーユを拒むことなどない。一息にひとつグラスを飲み干すと、それをベンチにおいて、開いた片手でベルティーユの背中を優しく抱きしめる。

「疲れたのなら帰る? 君の社交界デビューは無事にすんだから。慣れないことに疲れたのだろう」
「はい。せっかく来たのにゆっくり滞在できず、申し訳ございません」

 ウィルフレッドの首元に顔をうずめたまま、ベルティーユは頷いた。
 あの男とキスをしてすぐに、ウィルフレッドと顔を合わせたりなどできない。このままダンスを楽しむ気分でもないし、オースティンと会ってしまうのも嫌だった。
 オースティンは、ベルティーユをウィルフレッドの婚約者だと知っていた。ならば、ウィルフレッドに聞けば彼のことが分かるだろうが……。

(聞けないわ。ウィル様には)

 当然なぜそんなことを訊くのか、と聞かれるだろう。その問いに、ベルティーユはうまく答える自信がない。

(明日にでも、お父様に聞いてみることにしましょう)

 だが、男爵に聞くまでもなく、彼のことを知る機会は訪れた。

  • しおりをはさむ
  • 6
  • 0
/ 14ページ
このページを編集する