淡紅の月と華

第16章 /Yuh’s Story

あの日、無事に連れ出した後、花笠のことは潰した














根本的な問題は解決できていないが、沙耶のことを守れただけまだ良いだろう
















沙耶の元へ行くと、泣いていた














ただ、真実はわかったらしい
















俺のことはまだ思い出せていないみたいだが…今はそれだけでいい
















それから幾日か経ち、沙耶はリハビリを始めた
















俺はというと、沙耶を狙う奴らは今は息を潜めている間に表の仕事に追われて忙しい日々を送っていた













 


沙耶の元へ2週間ぶりくらいに訪れた
















「悠さん!!!」
















「久しぶりだな、沙耶。元気だったか?」

















「はい!リハビリは大変だけど…」















えへへ、と笑う沙耶
















…?















なんだ?
















「何かあったのか?」

















「いえ…その、リハビリトレーナーの冬馬さん…が…気になってて…」

















「なっ…?!?!?!?!」















0
  • しおりをはさむ
  • 155
  • 72
/ 194ページ
このページを編集する