あの木の下で~番外編~ラブ甘な夜③太一の悩み・クリスマス【完】

そしてクリスマス /クリスマスなのに

~由香利~




頬を撫でられる、くすぐったさに、目が覚めた。

「……おはよう。」

目を細めて、たあちゃんが囁く。


「---今、何時……?」
外は暗そう何だけど。


「……5時半。」

「……。」

5時半!?

「---。」


どうして?って言いかけて止めた。

---眠れないのね?

0
  • しおりをはさむ
  • 121
  • 547
/ 425ページ
このページを編集する