あの木の下で~番外編~ラブ甘な夜③太一の悩み・クリスマス【完】

そしてクリスマス /激震2


由香利様と、クリスマスパーティーの準備を大方済ませた頃、御前様がこの、梁瀬のお屋敷にお戻りになられた。



「由香利。安西。久し振りじゃの。」


杖を左手に持たれてはおられても、気迫は変わらない。
堂々たる御前様!


「お祖父ちゃん!」

由香利様が笑顔で駆け寄られる。

お側に寄られた由香利様に、目を細められると。

「由香利…エロ男は健在なようじゃな。」
直ぐに、由香利様につけられた痕に気付かれた。


「う、ん…」

歯切れの悪いお返事に、驚かれる様子はない。

0
  • しおりをはさむ
  • 121
  • 547
/ 425ページ
このページを編集する