あの木の下で~番外編~ラブ甘な夜③太一の悩み・クリスマス【完】

そしてクリスマス /舞子の爆弾投下


~岸~



高井特製のケーキが乗ったワゴンに気づいた、由香利ちゃんが駆け寄る。


開口一番。



「わぁ~、可愛いっ!」



うん、可愛いよね。

とても、高井が作ったなんて思えない。


四角い土台に、雪のように真っ白なふわっふわなクリーム。

その上に乗る、焼き菓子のお家。

屋根にはマジパンのサンタクロース。

お家の隣にチョコレートの木‥‥枝には細い、クモの糸のようなアメが幾重にもかかっていて。

その木の下には、


「コレって、たあちゃんと私?」


サンタクロースと同じマジパンでできた男の子と女の子を指さす由香利ちゃんに。


「そ。」


高井は頷いて目を細めた。


0
  • しおりをはさむ
  • 121
  • 546
/ 425ページ
このページを編集する