あの木の下で~番外編~ラブ甘な夜③太一の悩み・クリスマス【完】

マイッタナ /おしおき

由香利の頬を両手で挟み、唇を付けた。

逃がさないように。


ゆっくりと口を開かせ舌をしのばせる。

指で髪をすいてやると、

「ん…」

直ぐに由香利から吐息が漏れ始めた。。


モコモコガウンの袖から由香利の腕を抜くとガウンかスルリと肩から落ちた。


うっとりと、控えめに協力する由香利が可愛くてたまらない……ケド、俺の気も収まらない。

俺は、無抵抗の由香利をヒョイと肩に担いで浴室の磨り硝子の戸を開けた。

0
  • しおりをはさむ
  • 121
  • 546
/ 425ページ
このページを編集する