可愛い僕、かっこいい彼

SNS⑧ /画像

つおしは散々ぱら
周りを煽ってる為
周りは異様な雰囲気に。

つおしに興味ないはずの
クラスメートすら、
エロい目でつおしを見てる。

あかんな。

雰囲気かえんと、

俺は
せや、せや、
と敦弘に話を切り出した。

ひ「せや、敦弘
  お前つおしの唇のアップ
  とったんやろ。
  みせてみ。」

敦弘「ええですけど、
   この雰囲気で、あんまり
   出さない方が」

ひ「どうせ、UPしとんのやろ。」

敦弘「知りませんよ、」

と、敦弘は
一枚の画像を携帯に表示する

クラスメート、光
☆☆☆!!!

クラスメート
「うわ〜〜。」
「あかんな、エロい。」

光「|||||||@@|||||||………。」


そこに映ってるのは、

多分スパゲティを食べてる
つおし、
問題は
ここから、

唇は油でギトギト。
指についたソースを
舐めとっている。

自分の指についた
ソースを舌を出して
舐めとっているのだ。

敦弘はその画像の口元を
指で広げアップにし、

敦弘「この、時の口をUPしました。」

変な想像をしてるのだろう、
下半身を隠す奴が何人かいる。

男は単純だから、
すぐ、反応する。
分かりやすすぎる。

ひ「この画像はあかん。
  すぐ消せ。」

と言う光自身も、下半身隠している。

この雰囲気から、脱しようと、
してるのに、ますます、悪化する。

  

0
  • しおりをはさむ
  • 5
  • 0
/ 502ページ
このページを編集する