可愛い僕、かっこいい彼

SNSからのぉ② /肉食系女子

"ブルブル"ブルブル"

敦弘の話しがついた頃
タイミングよく、電話が鳴る。

敦弘「はい。」

凪沙「あつひろ〜〜。(既に呼び捨て)
   どう、つおし君来てくれるぅ〜。」

敦弘「ああ。」



「はなぁ〜、つおし君来るってぇ〜♪」
「えっ!まじ、ほんとぉ〜.
ちょ〜嬉しいんだけどぉ〜〜♪♪」

凪沙は電話を離して、花と話してる
らしい。

凪沙「で、いつにする。
   早く会いたいから、
   早い方がいいんだけどぉー。」

敦弘「皆の、スケジュール合わないと
   行けない。」

凪沙「別にぃ〜つおし君だけでいいけどぉ。」

敦弘「あかんねん。
   "つおし行かせるには、
   俺も行く"って、
   それが条件やねん。」

凪沙「あの、イケメンうざぁ〜〜。」

"ムカッ"とする光。

敦弘「仕方ないやろ。彼氏やねんから、」

せや、せや、
お前らの出る幕ないねん。(光)

凪沙「えー。」

敦弘「や、ないと、
   つおし連れ出すの無理やで!」

凪沙「分かったわよぉ〜。
   あのイケメンも、あんたも、
   一緒で、いいわよぉー。
   じゃあ、明日ね。
   明日、開けてよ。」

かなり強引な、!!

敦弘「急やな。」

凪沙「あんたと、イケメン来んの
   許したんだから、
   それくらい、しなさいよ。
   この間のカラオケ、○○時ね!」

"ガチャ"

また、勝手に切られる。


電話を切った2人は

=========================

凪沙「あの、イケメン来るらしいよ。」

花「金魚のフンして、
  格好わる〜〜ぅ」

酷い言われようの光、


凪沙「大丈夫よぉー、
   花の魅力あれば、
   彼氏いたってへいきよぉ〜。」

花「まぁね、♪」

凪沙「最悪、あのイケメンは
   私が何とかするわぁ。」

花「お願いしちゃうかもぉ〜♪」

凪沙「私だって、つおし君狙い
   だったんだから、貸しよ!」

花「分かってるって!」



0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 483ページ
このページを編集する