可愛い僕、かっこいい彼

作戦

真也「光、つおし、重症やな。」

ひ「せやねん、」

和「まぁ、あんな事あってん、
  当たり前やろ。」

ひ「………。」

真也「つおしは女が駄目なんか?」

ひ「分からへんけど、
  多分
  そーやろなぁ、
  あんな、取り乱し方。」



つおしは教室に戻っている、
クラスには健もいるし、
なんかあったら、教えてくれる。


和「今のつおしは
  抱きしめといてやらんと、
  壊れてしまいそうやわ。」

真也「というか、危険や、
   今度は男に襲われるで、」

ひ「お前らもやろ!」

和「俺らは、わきまえてるから
  無理やり、つおしを
  どうにかしようとはせん。」

ひ「無理やりキスしたやろ。」

和「あれは無理やりやないねん、
  つおし傷ついとったから、」

真也「ってかさ、
   俺ら、あんなつおし見て
   きゅん、きゅん。
   するやん、
   俺らだけかな?」

光「どうゆう事やねん。」

和「俺は分かるー。
  昔は少し男ぽい、とこも
  あったやん。
  でもさー、今、チワワみたいやん。 
  どこにも、トゲなくてさー。
  男子校に置いとけへんくらい
  美少女なんに、
  男ぽさなくなったら、
  盛りのついた、男達の餌食や、」.

ひ「せやな。」

和「俺はええねん。
  可愛いつおし好きだし、
  けど、変な虫寄ってきたら
  あかんやん。」

ひ「お前らが変な虫や!」
 
真也「なんで、お前が彼氏なんや、
   ムカつくわ!」

和、真也
「せや、つおしに好きや言われて、
 幸せすぎやろー、。
 死んでまえ!」

親友とは
思えない発言する2人

和、真也
「とにかく、今は
 あの、先生をつおしに近づけん事や!」

ひ「せやな。」






  


  

0
  • しおりをはさむ
  • 5
  • 0
/ 502ページ
このページを編集する