可愛い僕、かっこいい彼

つおしの職業実習⑤

"パンパン"

ママ
「ちょっと、聞いてくれるかしら、」

レッスン中の皆を止めた、

ママ
「今日か職業体験で、
 ここに来るつおし君よ。
皆、仲良くしてあげて、」

つ「宜しくお願いします(ˊo̶̶̷̤ .̫ o̴̶̷̤ˋ)」

モデル「可愛い子ね、♪」

つ「お姉さん達も皆さん綺麗です。(๑•᎑•๑)

モデル
「なんなの、この子♪食べちゃいたい♪♪」

ママ「下品よ!あなた達!
   モデルとしての自覚持ちなさい!」


と一喝する!

モデル
「はい!」
「大変申し訳ございませんでした。」

気合入れ直すモデル。

ママ「じゃあ、レッスン
   続けて、私は事務所行ってくるわ。」

と、僕を連れて
事務所へ。

事務所も、皆綺麗なお姉さん達ばかり、

ママ「私の所は、基本女性か
   その思考が、強い人が多いの。
   だから、安心なさい。」

女性で、一回懲りてる僕
安心は出来ない

ママはスタッフに向かって、

「今日から職業体験で入るわ
 面倒みてあげて、由美!!」

由美と言われた人、凄く綺麗!

ママは僕に言う
「綺麗な子でしょ。元々モデルなの。
 引退して、うちの事務所で働いてる
 けど、パリコレとかも、
 でてたのよ。」

つ「すごーーい。♪」

ママはニッコリ笑うと

「これで、40超えてるの。!」

つ「え〜〜!!」

ママ「お子さんに子供いて、
   おばあちゃんね、
   だから、安心して。
   彼女にまかせたら
   なにも、心配ないから。
宜しくね、由美!」

多分、色々知てるんだろうな
僕が、女性を苦手だった事とか
と思った。


由美「はい、社長!」


ママ「それと、
   この子、結婚するの。
   だから、へんな虫がつかないようにね。」

由美「えっ!高校生で!」

ママ「そうよ。
旦那さんから電話あって
   "俺の奥さん、守って下さい"って。」

つ|||||@@||||」
 ひ、か、るだぁ。

いつも、何処でも、
心配してくれる。
僕の為に、なんでもしてくれる
大好き。ひかる♪

由美「男の子?」

ママ「そうゆう発言、私は
   嫌いです、愛に男、女関係ないわ、」

由美「すいません。」













0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 481ページ
このページを編集する