可愛い僕、かっこいい彼

新たなライバル /疑惑

和「光。つおしなんかあったな。」

ひ「お前も、そう思うか。」

和「ああ、。」

真也「なんか隠してんな。」

ひ「そうやねん。
  何隠してんのや。」

和「俺も、真也も、
  つおしかなり見てきたから、
  すぐ異変に気づくわ!
  光なんか、余計やろ、
  s○xしてんのやし。」

真也「いいよなぁー。
   つおしとs○x!」

和「いいよなー。」

ひ「悪いな。
  お前らには
  させられへんがな。
  けど、何で隠すんや。」

真也「つおしのクラスメートも
   音沙汰ないな。」

和「手遅れになる前に
  何か考えな。」

ひ「分かってる。」








夢芽「だめ、兄さんだめよ、
   つおしに手ェだしちゃ、
   スパイシーな香りって
   絶対兄さんだわ。」

1人小さく呟いていた





  

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 483ページ
このページを編集する