可愛い僕、かっこいい彼

新たなライバル /亀裂

次の日
光は、つおしを捕まえた。

ひ「お前、俺に隠し事
  しとるやろ。言え!」

つ「し、してへん。」

ひ「何、何を隠してるんや、!」

つ「やから、してへん!!」

逃げるようにつおしは、
教室に行ってしまった。

==================

光は、だんだんと、
つおしの、教室で、何が
起こってるのか想像がついてきた。

つおし、
授業中、襲われてるんや、
春夢に、
で、クラスメートも
先生をあおっている。

やけど何で隠すんや
俺に助け求めたら
ええやん。

ひ「和、代返してくれへん。?
  俺、つおしの授業覗いてくるわ。」

和「受験前の大事な時期やで、
  あかんやろ!」

ひ「そこやねん!
  そこを狙われたんや!
  やから、授業中に!
  とりあえず、代返宜しく。」

和「まて、なんかあったんやな
  俺も行く。」

真也「俺も行くで」

ひ「受験前の大事な時期やろ、!
  俺1人で大丈夫や!」

和、真也
「俺のつおしが襲われとったら、
 大変や。助けんと!」

と、3人は
2年A組に向かった


=====================
春夢「はい、つおし
   いつもの場所!」

つおしは春夢に歩いて行って
春夢の、上に座った。

光、真也、和
「☆☆☆!!!」

春夢「つおし脱げ!」

つおしはもう、拒否
しなかった。言われたとおり
服を脱ぐ。

光、真也、和
「☆☆☆!!!??なんで?!」

つおしは誰も助けてくれないから
諦めていた。

クラスメート
「おっ!つおしの乳首、今日も元気か?」

服を脱いでまた、
春夢の上に座る

春夢はつおしの乳首を
'さわさわ。"

つ「あん♪」

クラスメート、光、真也、和
「||||||@@||||||」

光は止めようと中に……
2人に止められる。

和「今入ったら、成績UPが謎の
  ままやで、」

ひ「……。」

3人は、当てられた生徒が
問題を間違う度つおしの乳首が
捻られるのを見た。

春夢「お前ら、あんま、
   間違えると、つおしの
   乳首なくなるで、」

酷い。
つおしは成績UPの為の
道具だった。

俺達3人はキレた!!

"ガラガラ"

光、真也、和
「お前ら何しとんねん!」

クラスメート
「やばい!光先輩や!どうして!
 授業中やん!」

つおしは
光を見たとたん。
グスン、グスン。

(( ⁎′̥̥̥ ⌑ ‵̥̥̥ ))
泣き出した。

つ「ひかるぅ?」

ひ「なんで、お前は、こんな事
  させとんねん!!!」

俺はつおし対して怒りが
こみ上げてくる。

ひ「なんで、いやや!言わへんねん!」

つ「ひかるぅ。」

ひ「お前は、いつからそんな
  淫乱に、なったんや!!!」

つ「( ᵒ̴̶̷̥́ _ᵒ̴̶̷̣̥̀ )」

ひ「そんな、顔してもあかん!!
  淫乱は嫌いや!!!!!」

和、真也
「ひかる!!!」


つおしは、カバンを持って、
走り出してしまった。

俺は追う気にもなれない。
春夢にも、むかつくがこんな事許した
つおしが許せない
自分でなんとか出来ないなら、
俺に助けを求めればいい。
それを、隠してこんな事。!

和「とりあえず、もう、こんな
  授業はやめや!
  先生!
  夢芽と、あんたの母にも
  報告しとくから!!」

春夢「おすきにー。
   どうせ、もうすぐ帰らないと
   ならないしな。
   まぁ、バレちゃったから、
   俺の、臨時教師も今日までじゃあな。」

クラスメート
「つおしの補習はどうするん。」

春夢「秘密だな。
   まぁ、つおしの成績は、あげてやる。」

真也「お前ら自分らの、
   した事分かってんのか!!!。」

ひ「俺もう。無理やわ。
   お前らも、つおしも、無理やわ!!!」

真也、和
「ひかる!!!」


光も。教室を飛び出した。














0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 481ページ
このページを編集する