可愛い僕、かっこいい彼

違う?

春夢「最後だから、やりたい。」

つ「ここで!|||||@@||||」?」

春夢「あぁ。」

つ「やけど、可真君が、。
||||||@@|||||」

春夢「いるけど、別にいいだろ。
   俺がお前と、s○xするんだ、
   別に可真とじゃない。」

ここが春夢と、光の違いだった
光は他の人につおしの、
裸を見せようとしない。
"ガバッ'

っと、つおしの服を脱がせる。

つ「いや。:」

春夢「何がいやだ。別に、
   男やろ。」

可真は、いやらしそうに、
つおしを見る。
刺さる視線にほほが、熱くなる。

つ「いや。僕、ここで、
  できない。」

春夢「じゃあ、どこならいい?
   可真が見てるから、嫌だったら。
   可真、!キッチン行ってろ!」

つおしは、好きだと
思っていた、春夢に
疑問を抱えはじめた。
"ひかるやったら、こんな事しない。"
ひかると、比べ始めていた。

結局は、春夢は
可真を追い出したが、
つおしの心に傷が残る。

キッチンに向かう可真を見て

春夢「2人だろ、もういいな。」

つ「なんか、違う。」

春夢「何が違うんだ。」

つ「ひかるは、他の人に僕の裸見せない。」

春夢「はぁ?
   お前男だろ。ついてるもんは
   みんな同じだろ。」

つ「そうだけど、見せない。
  僕が、他の人のおかずになるの
  いややて!」

可真の前でs○xしようと
した事に、激怒する
つおしをなだめようと、春夢は

春夢「はいはい、ごめんな。
   お前は乙女やったな。」

吐き捨てるように、言った。

つ「僕、そんな気分になられへん。」

春夢「お前、今日で俺最後なのに、
   よく、そんな事言えるな。」

つ「やけど、気分にならへん。
  このままやったら、痛いだけや。」

春夢「だったら、どうする?
   もう、俺は止められないぜ。」

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 483ページ
このページを編集する