可愛い僕、かっこいい彼

春夢の思惑

可真「はるむ〜〜〜!!
   大変だぜ!!」

可真と、春夢は電話中!

可真「お前、みたか、つおしと光!」

春夢「あぁ。」

2人のデビュー
それは、海外の、春夢にも
届いていた。

可真「お前どうすんだ!!」

春夢「どうするって?」

可真「もう、つおしに
   手ェ出せないぜ!!!」

春夢「なんで?」

可真「なんで、って
   お前まで、"ゲイ"扱い
   されるだろ!!」

春夢「悪いか?」

可真「はぁ?」

春夢「だから、悪いのか?」

可真「お前、跡取りだろ!!」

春夢「そうだな。」

可真「公にされたら、困るだろ!」

春夢「そうか?」

可真「そうか、って。」

春夢「あのさー。
   つおしを本気になった、時点で
   そんくらいの事、
   考えてるぜ!」

可真「だけど、お前
   "ゲイ"になったら、
   女寄り付かないぜ!!」.

春夢「別に、寄り付かなくていいさ。
   つおしと、s○xできたら、
   それでいい。」

可真「お前、、跡取りどうすんだよ。
   つおしじゃ、
   子供産めないんだぜ!」

春夢「まぁ、そうだな、男だし。」

可真「そうだな、じゃ、ねーよ、。
先考えろよ。先!!」

春夢「考えてるさ。
   けど、今は、そこまで、
   した、2人を見守ってやるよ。」

可真「……………………。」

春夢「俺に手ェだせないように、
   策略しやがって!、
   俺を怒らせたら、
   だだじゃすまないぜ!」

可真「お前なに、考えてるんだ、
   怖いぜ。」

春夢「頭のできが違うんだよ、!
絶対、つおし手に入れてみせる。」

可真「………。
   お前、つおし壊すなよ。」

春夢「さぁな。」

悪い顔をした、春夢が
そこには、いた。


0
  • しおりをはさむ
  • 5
  • 0
/ 502ページ
このページを編集する