可愛い僕、かっこいい彼

女装コンテスト②

ひ「で、どないしたん。」

大分、クラスも落ち着きを
とりもどしていた。

つ「僕に
  女装コンテスト出ろ、って先輩が、」

ひ「なんで、お前のクラスに先輩
  でてくんねん。」

僕は事の次第を光に話した

つ「でな、止めて欲しいねん。」

ひ「そんなん、言うたかて、
 どのクラスかわからんのやろ。」

光がクラスメートに話しかける

ひ「このクラスに
  つおに、コンテスト出ろ
  言うた奴いるかぁ???」

先輩
「そんな、命知らずおらんやろ。」
「せや、光の許可えんと、
 そんな事出来ひんな。」
「お前の、つおになぁ〜。」

ひ「.つおし、。
  俺のクラスには
  やっぱ、おらんみたいや。」

先輩
「俺らんとこ、やかったら、
 B.やろ!」

B組という事らしい、
僕らの学校は学年2組しかない。

やから、光のAやないなら、
Bって事になる。

=======B組=========

ひ「よー、
  こん中に、
  俺のつおしに、
   俺の許可なくして、
  出場オファーした奴おるか?」

B組
「俺のって、つおしは
 お前の所有物かよ、」

ひ「所有物じゃないが、
  俺の恋人や!!!!
  なんか、文句あっか!!」

つ 「|||||@ @||||。」

光、?
恥ずかしい事を
なんてあっさり。

ひ「つまり、は
  勝手にオファーすんな、
  ゆうてんねん!」

ほんま、この人は、
男らしーで、
ほんまかっこええ。

「んじゃ、今から、
許可とっからよーー。」

と言ってB組の誰かが
光に近づく、

B組、
「龍!!やめとけ!」

この人、龍ゆうんか、
たくましいなぁ。

り「光、お前の大事な
  彼女、コンテストだすから、
  宜しく!」

彼女?
僕はそこに反応したが、
光は違うらしい。

ひ「人にものを、頼む態度じゃない。!」

あかん!
光キレてきた、

B組
「龍、落ち着けって、
 光 話きいてな、
 もうTwitterも、炎上して、
 後戻りできないねん。」

「やから、
 お前とセットで出すから。
 なら、ええやろ。」

ひ「俺とセット?
  なんや〜そうやったら
  はよー、いいなや。
  俺とセットやな。
  ええで、ええ、
  つお、出すわ。」

でれ〜,っと、した
顔してなに考えてんねん。
止めてくれるんやないの?

決定してしもうたやん。
光のばか。

その頃光は

"ええな、つおの、かわい子ちゃん
 また見れるわ〜..
俺の側で安心やしー"

空想をどんどん、膨らませとった。







0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 479ページ
このページを編集する